全てのブログ記事を表示するには, Premium Membership(有料会員登録) が必要です。

​会員の方はログインしてください。

有料記事では伝承や古典、日本文化についての深い視点からガイドならではの解説を加えています。

​お寺や神社の有料拝観エリアの写真を含む記事は、権利保護の関係から無料記事としています。

  • Yuri

お盆と六道まいり/Japanese Religious Season Obon and Rokudomairi

日本には #お盆 の習慣があり、休暇のシーズンでもあるので多くの会社が休みとなります。海外旅行にでかける人も増えましたが、今なお故郷に帰り、家族や親戚に会う人も多いです。

Many Japanese companies are closed during what is called #Obon season in the middle of August. Travelling overseas during this holiday season is becoming popular, but still a lot of Japanese go back to hometown to see their family. お盆はそもそも、宗教的な意味合いのある行事です。先祖の霊をもてなします。この行事一つをとっても、日本の宗教観や家族間が凝縮されており、興味深いものではないでしょうか。 Obon is religious and originated in Buddhism to treat our ancestors' spirits. It is interesting that Obon shows well about how Japanese view life and death or family relation since it has long history. 京都では、六道まいりが行われます。ご先祖様が迷わず帰って来られるよう、お迎えするための行事です。写真に写る六道珍皇寺では「迎え鐘」を撞く慣習があります。 In Kyoto, Rokudo-mairi is held concurrent with it and we have our ancestors know the way back to us or our world by hitting a bell.


六道とは、死後の世界。六道珍皇寺には六道の辻と呼ばれるあの世への入り口があり、この地の歴史を物語っています。 Rokudo means the six worlds after death. There is a legendary entrance to such worlds in Rokudo Chinnoji Temple in Kyoto, whose location conveys the area's history quietly.


様々な伝承の伝わるこの地をぜひ訪れてみてください。

There are lots of interesting stories so if you have any chance to visit Japan in summer, here is one of my (guide's) recommendation.

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示