全てのブログ記事を表示するには, Premium Membership(有料会員登録) が必要です。

​会員の方はログインしてください。

有料記事では伝承や古典、日本文化についての深い視点からガイドならではの解説を加えています。

​お寺や神社の有料拝観エリアの写真を含む記事は、権利保護の関係から無料記事としています。

半夏生(はんげしょう)と半化粧/What's hangesho?

例年7月2日頃を半夏生(はんげしょう)と言います。

Annually around July 2nd is called "hangesho" in Japanese language.


正確な日にちは、夏至から11日後。2020年は7月1日で、2021年は7月2日です。

The accurate date is 11 days after the summer solstice. Hangesho fell on July 1st in 2020 and falls on July 2nd 2020.


夏至から半夏生の間は田植え時です。

Between the solstice and hangesho is the season of rice planting.


それと同時に、ある花の最盛期でもあります。

And at the same time, one plant flourishes.


「半夏生」という植物を見たことがあるでしょうか?季節の名前と同じ字、読み方です。

Have you seen Chinese Lizard Tail? It's called "hangesho." Notice here, the season's name hangesho and the plant's name hangesho is the same.


上から2、3枚の葉だけが白くなる、とても愛らしい植物です。

I like this plant because it's very charming. You will see two or three leaves on top are white.



まるで、半分しか化粧をしていないようだから半化粧と呼ばれていたのが、半夏生のこの時期に咲くから半夏生という字を使うようになったのだとか。

The way how it turns to be white is as if ladies making up just half of their face, which is said "半化粧 (hangesho) -- half make-up" in Japanese. Then, the season's name is also the same pronunciation, so we started to use the same Chinese character 半夏生 in stead of half make-up.


建仁寺の両足院が半夏生の名所として大変有名です。

Ryosokuin at Kenninji Temple is very famous for the garden with the plants.


今が真っ盛り。雨の日は緑と白のコントラストが一層際立ち、とても綺麗です。

Now it the best timing to visit. If it rains, it becomes more beautiful with the vivid contrast of green and white.

49回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示