全てのブログ記事を表示するには, Premium Membership(有料会員登録) が必要です。

​会員の方はログインしてください。

有料記事では伝承や古典、日本文化についての深い視点からガイドならではの解説を加えています。

​お寺や神社の有料拝観エリアの写真を含む記事は、権利保護の関係から無料記事としています。

  • Yuri

大原三千院「初午大根焚き」/Daikon Radish Served At Sanzen-in Temple

2月9日に #大原 へ足を延ばしました。今年は記録的な暖冬ですがこの日は冷え込み、素敵な雪景色を見ることができました。

I visited Ohara area on Feb 9. This year is record mild winter but it was cold enough to have snow on this day.


大原を訪問した目的は、#三千院 の「初午大根焚き」。

The aim of this visit was "Daikondaki"--Cooked Japanese Daikon radish is served at Sanzen-in Temple. (Normally in Kyoto we pronounce Daikodaki but the temple officially announces Daikondaki)


「幸せを呼ぶ大根焚き」とも名付けられ、金色不動明王のご加護とご利益をいただけるよう祈祷した大根が振舞われます。

This Daikondaki is also titled "bring you happiness," as served daikon radish is specially treated to pray for blessing.


この大根は大原の里で有機栽培されたもので、寒空の下あつあつほくほくの大根を美味しくいただきました。

This is organically grown in Ohara area and I found it was very delicious to eat such a warm (almost hot) food in the cold.



振舞われる皆さんは紺の着物に赤いたすきの「大原女(おはらめ)」の姿をしていらっしゃいます。

As you can see in this photo, people were navy kimono with red sash. This is typical clothes of "Oharame".


大原女の衣装は時代ごとに変遷はあるものの、京の行商に携わった働く女性の服装です。

その起源は平安時代にまでさかのぼり、平家の滅亡を目にし、寂光院に隠棲した建礼門院に仕えた阿波内侍(あわのないし)が来ていた装束が伝わったとされています。

"Oharame" is ladies who peddled around Kyoto. The clothes have slightly changed era to era but it is said it originated from a lady once lived in Ohara about 850 years ago.


出来立ての大根と大原女姿のみなさんの「どうぞ召し上がれ」のあたたかい一言と、にこにことした笑顔にさっそく幸せをいただいて帰りました。

I enjoyed the moment very much. Their kind "bon appetit" and warm smile put a smile on my face.


31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示