全てのブログ記事を表示するには, Premium Membership(有料会員登録) が必要です。

​会員の方はログインしてください。

有料記事では伝承や古典、日本文化についての深い視点からガイドならではの解説を加えています。

​お寺や神社の有料拝観エリアの写真を含む記事は、権利保護の関係から無料記事としています。

  • Yuri

晩秋の毘沙門堂で紅葉を堪能!/Guided Tour at Late Autumn Bishamondo

12月2日に晩秋の趣漂う中、#毘沙門堂 でやさしい日本語でのツアーを開催しました。

We did a tour at late-autumn #Bishamondo Temple in easy Japanese on Dec 2nd.


皆さん些細なところに目を向けて美しい景色を堪能しておられました。

Participants were so sensitive that they never missed details to find small beauty.


中でも感心したのは、この写真。モミジの葉がかかっている様子を「きれい~」と写真やビデオに撮っていらっしゃしまいした。

What I (guide) was very impressed was this angle of a shot. They enjoyed taking photos and videos appreciating a tiny maple leaf in a metal cup.



ひとしきり写真を撮った後、「これは何ですか?」とご質問を受けました。

After taking them, they asked me what this metal thing was.


これは雨どいの一種で、家庭で一般的なパイプ状の雨どいと違って、このような鎖状の雨どいは雨水が鎖を伝う様子を目で見て楽しむためのものです。

This is a kind of a rainwater gutters to let raindrops fall to the ground. The big difference between normal pipe gutters and this chain type one is whether you can enjoy the way how it flows.


その歴史は安土桃山時代にもさかのぼり、瓦屋根の寺社仏閣やお城では多く使用されます。

The history dates back to 400 to 450 years ago. It's been often used in temples, shrines, and castles covered with a tiled roof.


そもそも雨どいは、雨水が軒先から垂れて地面を掘り返してしまうことや、雨水が漏れて建物を劣化させてしまうことを防ぐという実利的なものです。

Originally any gutters have actual benefits to prevent rain dropped from a roof from digging over soil and leaking roof from damaging the building.


何事も風流にしてしまう先人のアイディアに感服ですね。

Surprisingly, ancient Japanese wanted to make everything even practical beautiful and enjoyable.


ツアー直前に雨が降ったため、勅使坂も敷紅葉が大変美しく、また、弁天堂周辺、お庭の晩翠園でも美しい景色に出会えました。

Because it rained just before the tour, the slope to the gate had a gorgeous red maple carpet. And also we enjoyed other views from gardens.




日本語の勉強はもちろん、是非晩秋の趣を楽しんで欲しいと思います。

Hope students enjoy Japanese learning as well as the late autumn days.


119回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示